広告を作るなら格安チラシ印刷【広告を格安で行う】

納期は出来る限り長く

広告

入稿時間にも注意して

チラシ印刷などを格安で請け負うネット通販型の印刷会社では、その多くが、納期によって料金が変動するシステムをとっています。一般に、ネットで発注する際に、注文日から何日での納品を希望するかを指定するようになっていて、最短では即日納品(注文当日)から、最長で7営業日、業者によってはそれ以上の日数まで納品日を選択できます。1日刻みで料金が設定され、長い日数を選択するほどより格安になる仕組みです。ちなみにこの場合の納品日とは、業者が製品を発送する日のことをいいます。この、日数による料金の違いは意外と大きく、とくに即日納品や1営業日(翌日)納品を選択した場合、格安印刷というおトク感が薄くなってしまうのも事実です。出来る限り余裕を持って早めに注文し、長い納期を指定するのがベストな利用法といえます。とはいえ、一般に企業や商店のチラシ印刷といえば、売り出し日やイベント開催日が迫ってから急遽企画・制作されることもしばしばです。そういう時にも強い味方となるのが格安印刷会社ですが、短納期でチラシ印刷を発注する場合には注意すべき点があります。各社それぞれ入稿時間の締め切りが設けられていて、納品日までの日数は、この締め切り時間までに注文とデータ入稿(送信)を完了することが前提となっています。この時間を過ぎて入稿した場合は翌日入稿として扱われますので、同じ日数を指定しても1日納品が遅くなってしまいます。とくに即日納品を希望する場合については午前中などの時間設定としているところが多いので、それに間に合うように入稿しないといけません。また、印刷部数が数万部などという大部数の場合も、即日納品できないなど日数に影響してくることがあります。各社それぞれのwebサイトで詳細な料金表を見ることができますので、比較してもっとも条件の合う業者を選ぶことで、よりおトクなチラシ印刷を実現することができるでしょう。

Copyright© 2018 広告を作るなら格安チラシ印刷【広告を格安で行う】 All Rights Reserved.