広告を作るなら格安チラシ印刷【広告を格安で行う】

部数や納期で料金が変わる

色見本

料金の詳細はwebで

チラシ印刷などを格安料金で請け負う印刷業者が近年、活況を呈しています。その多くが、ネットで注文を受け付け、郵送や宅配便で納品するシステムをとっています。自宅に居ながらにして、注文から受け取りまで済ますことができ、格安でかつ速いのが特徴です。ネットで調べれは実に多くの業者を見つけることができます。ではどのようにしてその中から、依頼する業者を選べばいいのでしょうか。チラシ印刷を発注するにあたり、作成するチラシの仕様を決めなければなりません。色はモノクロ1色か4色(フルカラー)か、サイズはB4かA3か、折り加工は必要か・・・といった要素の組み合わせで料金が決まってきます。サイズについては業者によって対応できる範囲が異なる場合もありますし、加工も、特殊な折り方や形状加工については対応不可能なことがありますので、注文前に確認が必要です。印刷部数も大事な要素です。一般的には印刷部数が多くなるほど、1部あたりの単価は安くなります。ただし業者によっては、大ロット印刷に向いた輪転印刷機と、中〜小ロット向きの枚葉印刷機の両方を使い分けているところがあります。その場合それぞれ異なる料金体系が設定されていることが多く、例えばB4で5万部のカラーチラシ印刷ならば輪転機のほうが安くなる、といったケースもあります。そして最期の要素が納期です。多くの格安業者では、注文日から納品日(正確には出荷日)までを何日に指定するかで料金が変動します。最短で即日(午前中に受け付けて午後発送)から、最長で7営業日あるいはそれ以上の範囲で、1日単位で料金が異なります。急ぐ必要がなければ、長い納期を指定する方がより格安料金でチラシ印刷が実現できる仕組みです。以上のような要素すべての組み合わせで、実際の料金が決まります。各社のwebサイトでは、さまざまな条件の組み合わせによる詳細な料金表を見て比較検討することができます。

Copyright© 2018 広告を作るなら格安チラシ印刷【広告を格安で行う】 All Rights Reserved.